船橋市で利用可能な家族葬の種類

一般的な葬儀の参列基準は50人と言われています。葬儀場を手配する形です。社会的に知名度が高かったり、社長であったり、まだ社会でバリバリ活躍していたといった人であればもっと大規模な会場を用意し、参列者を受け入れる方向で構成しなければならないでしょう。100人200人規模のお葬式も、けっして珍しいものではありません。それに対し、家族葬の場合は30人程度と言われています。家族だけで30人には、ほとんどの家庭がなりませんので、親戚や特に仲が良かった人を加えて30人といった形だと考えられます。実際は1桁の参列者を想定したという葬儀も少なくありません。また告別式を行わない直葬といった形もあります。それであればさらに費用面ではコンパクトになります。

どこまでご参列いただくかによって家族葬の形が違う

家族葬といっても自分のニーズによってセットアップしてゆくシステムが多いので、様々な形があります。まず「どこまでお参列いただくか」といったラインによっても変わってきます。本当の家族だけで執り行うのであれば10人未満になったという家族が多いでしょうし、親戚縁者や仲良くしていたお友達までお知らせするのであれば、20人30人にはなります。本当に一緒に住んでいた人だけで行うならば、直葬といって、通夜も告別式も行わない方法もあります。1日葬という呼び方をするときもあります。おおよそのところこれが家族葬の種類になります。船橋市ではどの形も支持されています。特に20人規模というのが多くみられています。その背景には、故人が地方出身者であることが多いといったこともあるでしょう。

地方に親戚縁者が多いと理解されやすい

こういった小規模なお葬式を執り行う際に起こりやすいトラブルは、親戚縁者からの反対です。小規模ということで故人がかわいそうであると考えたり、見た目が悪いと考えたりする人はまだまだ多く、地方では特にその傾向が高くなります。都会になればなるほど理解してもらえるところがあるわけですが、近頃は喪主が参列や香典をご辞退することで、本来参列しなければならないと考える親戚縁者の負担をなくすという側面もあります。船橋市のような都会は地方出身者でそのまま定住したという人も多く、そういう人であれば親戚縁者はまだ地方にいます。高齢にもなっているでしょう。わざわざ船橋市までおいでいただくことが心苦しいという理由が、受け入れられやすくなります。合理性という理由だけではないことが、地方の人にも理解が得やすいことに結びつきます。